トヨタの自動車ローン

トヨタの自動車ローン

トヨタの自動車ローン

自動車ローンといえば、自動車を販売価格で購入するために組むローンでしたが、現在では自動車を購入してしまうのではなくリースで借りたり、残価ローンを組むという方法があります。
リースで借りる方法はローンではありませんが、契約で年数を決めて運用費用とリース価格で自動車を利用することになります。
一般的には数年でリースを組みますので、ローンとの差は自動車の所有権がないだけ安いということになります。
それに比べて、最近トヨタで大きく宣伝している「トヨタ車を○年だけ買います」という残価ローンという方法もあります。
残価ローンとは使用する年数分でローンを組むという方法です。
例えば3年間だけ自動車を使用するという場合、その年数分の車両価格分のローンを組むという方法です。
契約した年数分だけ自動車を利用した後は、契約したときの車両の状態を維持していれば、残価は支払わなくてもいうというものです。
簡単に言うと契約した部分だけ所有権があり、残りは車の資産を当てるという方法です。
自動車はかなりの高額商品ですから、ローンを組むにしても数年間というスパンでのローンとなります。
その間に自動車に飽きてしまったり、自動車の使用目的が変わったりすることもあるわけです。
そのときに自動車ローンがまだ残っているとなかなか買い換えも難しいところでしょう。
自動車の買い換えを頻繁にされる方や、家族構成が変わる場合などであらかじめ所有しようとする期間や走行距離などを決められるのであれば、残価ローンを組んで自動車ローンの支払いを少なくすることもできるのです。

関連ページ

銀行の自動車ローンはどうやって組む?
自動車を購入する際には、ローンを組んで購入するのが一般的となっています。このサイトでは、マイカーローンの特徴の紹介とその比較、選び方について解説しています。
JAの自動車ローン
自動車を購入する際には、ローンを組んで購入するのが一般的となっています。このサイトでは、マイカーローンの特徴の紹介とその比較、選び方について解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ